HOME > ボール投げ(球技)

ボール投げ(球技)

ボール投げ・捕り

鉄棒がうまくなりたい!

小学校体育で球技と言えば… やはり「ドッチボール」 ボールの基本的な動作を行うには最適な競技です。
ただし、できる子とできない子の差が大きく出てしまう競技でもあるので 逃げるだけの子が出てしまいます。
個性を活かすと言う意味でも、逃げるだけでも良いのですが まずは投げて当てる。速いボールを捕る喜びを知ってから 個性を活かしても良いのでは無いでしょうか?
「できない」からでなく「できる」喜びをまずは知りましょう!

ボールを速く投げる よくボールがうまく投げられない子を見ると、「力が入りすぎ」な子が多いです。
まだまだ力の使い方を知らないのが速く投げられない原因です。
ボールを投げる時は、腕がムチの様にしならなければ、速くは投げられません。
力が入っていると、肩の関節の動きが制限されて、腕の振りも遅くなってしまいます。
ポイントは力を抜きながら素早く降れれば速く投げる事ができます。

全身を使って投げる 腕が振れる様になったら、次は全身を使う事を覚えましょう。
どの運動にもいえる事ですが、全身を使えなければ、本来の力を出す事はできません。
ボール投げでは体重をボールに乗せる事を覚えましょう。
体重移動をする事で、ボールのスピードは更に上がります。

ボールを捕る ボールが捕れない…
これはほとんどが恐怖心が強くてボールをしっかりとみてない事が原因になる事が多いです。
まずはボールをみる事。これができなくては、ボールを捕る事ができません。
特にバウンドする球はバウンドの軌道を知っておかないと、どこで捕って良いのかわからず 見てるだけで、なかなか捕れない状態が続きます。

同じく全身で捕る 手だけで捕ろうとすると、ボールの動きについていけなかったり 捕るときにボールをはじいてしまったりします。
子供には捕る時に力が入りすぎてると、 「コンクリートの壁みたいなってたら、ボールが跳ね返っちゃうよ じゃあ、自分が豆腐みたく柔らかかったら、ボールはどうなる?」 わかりやすい例で、身体の力を抜く事を覚える様にする指導が必要です。

球技は小学生から一気に増えます
ドッチボール・サッカー・野球・バレーボール・バスケットボール 全てにおいて、腕・脚を振る動作とキャッチの動作が入ってきます。 競技を行っている子と行っていない子の差が激しくひらいてしまうので 球技の根本の部分だけでも押さえておくと、スムーズに球技に入っていく事ができます。

西薗先生のワンポイントレッスン【ボール編】

簡単に全身で投げる動作をマスターするために、「風車の動き」を取り入れてみよう!
@投げる方向に対して身体は横向き
A両手を広げて
B左右同時に手を回転させる
Cボールを離すポイントは、最初の左手の位置で離す
この投げ方で腰のひねりを入れた投げ方ができるようになります。
体重移動も行う
@投げる方向に対して身体は横向き
A両手を広げて
B前の脚を上に上げる
C最初の位置より遠くに脚をおいて
D左右同時に手を回転させて
Eボールを離すポイントは、最初の左手の位置で離す

はじめのレッスンで、上半身でできたので今度は下半身です。
脚を最初の位置より遠くに置く事で、身体を沈み込ませ体重を前方にかける事ができます。
ボール投げは全身を使うイメージとリラックスから。
最初から速い球を投げようと思わず、フォームをしっかり作ってみよう!

まずはご相談ください!

発達障害の子供の為の体育の苦手を解決する本

ご予約・お問い合わせはこちら

メディア掲載情報

週間スポーツ広場

新着情報

千歳烏山運動教室

住所 東京都世田谷区南烏山5-23-15 アシストワンビル2F

TEL03-6233-9696

運営会社 株式会社ボディアシスト

TEL03-5287-3831

TEL03-5287-3832

住所 東京都新宿区西早稲田3-16-2 カイダビル202

インストラクター募集中